スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

先物取引とは

先物取引とは

先物取引というのは、主に生産者が商品を取引する時点の値段を、
購入者側と決定しておいて、その権利を売買するといった投資法のことです。


農産物や工業製品、資源などは、
常に価格が変動しています。


先物取引は、このような商品の価格変動などによる影響を避けて、
生産者が安心して生産でき、さらに購入予定者も安心して、
購入できるようにするのが目的で、主に商品の流通が多い、
日本の大阪で発祥したと言われています。

つまり、先物取引の原点は、日本にあるんですね。


先物取引での投資の場合、
最近では現物の売買目的ではなく、
株価指数や資源・電子的な売買権利などを取引するなどして、
差額を得る目的で行われるものが多いようです。


先物取引投資対象としては、
金、農産物、石油などの資源や、株価指数などがあり、
証券会社で口座を開設して、先物取引を選択する方法が、
一般的にはよく用いられています。


先物取引での投資は、小額の証拠金をもとにして、
10〜100倍の権利を売買することができます。

もし、予想どおりに相場が動けば、大きな利益が得られます。

しかし、予想が外れれば損失も大きいという、
ハイリスク・ハイリターンな投資法が、先物取引というわけですね。

先物取引とは
| 株式投資日記:先物取引とは | 02:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--